2010年06月15日

帰国しました

ただいまー、日本です
インドネシア、マレーシアツアーが終わり、とうとう日本に戻りました いやはや、何とも疲れたし、パフォーマンスビザの関係で公演キャンセルになりかけたり、いろいろあったけど、実に楽しく、またいろいろ反省も多い舞台であった
安定して常に高レベルのものをお客さんに見せることがいかに難しいものであるかを確認したし、インドネシア人ダンサーと同じ振りを踊り、彼らは毎回違うのにも関わらず揃えなくてはならないとか、でもそれ以上に黒人のような卓越した身体性とアジアの繊細な感覚を持った、インドネシア人の身体に嫉妬を越えて非常に魅了されたし、今まで何回かインドネシアとのコラボレーションをしたことがあるが、いかに表面的なものであったかを痛感したし、他にもとにかくいろいろと誠に良い経験になった

この作品がどこかに買われて再度この機会を持てたら、と強く願う
シカゴで足止めくらい、半日だけ東京で、すぐ出発だったので、結局一ヶ月強日本を離れてたのだけど、一応次8月のバンコクまで日本に居る予定です
でも今回のカンパニーのダンサーに話していたのだけど、この前厄の一年、今までの自分の趣向と違ったものやそれを持った人たちに出会えたのはとても良いことだと思う。こうした良い出会いが私のこれからの人生を変えて行くような予感がある
あと一週間で31歳だなんてこりゃびっくりだけど、前厄でこれだけ良い出会いがあったのだから、ある意味本厄が楽しみな位である

まあとにかく今年はあと7月和栗さん、8月バンコク、10月富士山アネット、12月和栗さんということで終わりだけど、また楽しくやりたいです 来年も既に計画がもりもりだけど、これからまた整理されてハマるところにハマっていくのであろう 自分からでない、外的な力により、プランが決まっていくのはある意味とても楽しいものだ


ともあれ寝ます お休みなさい そしてお疲れ様でしたー
posted by 石本華江 at 01:09| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

ということで再び成田へ

まあやはりパッキングは時間がかかる訳です 考えみれば修学旅行も人一倍荷物が多く、めちゃめちゃ準備に時間かかってたもんね
人間そんなにすぐは変われないものね

で、結局今案の定朝になり、アプリケーションは送れず、三時間位だけ寝て、成田へ
いやあ、へろへろっす
自分からアメリカ的な香りがするのと、髪の毛が突然長くなったこと、地下足袋を忘れてしまったことだけがいつもと違う よく考えたら昨日帰国して以来日本で何も食べてないな あっ納豆巻食べたか
という訳でインドネシアとマレーシア行ってきまーす
14日に帰国します
ではでは
posted by 石本華江 at 10:39| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1日だけ帰国

結局27日に帰国のはずが、シカゴで飛行機がキャンセルになり28日に丸1日遅れて日本に到着 そうなると半日で全ての準備とリハを終えて、次の日にインドネシアに出発ということになってしまった ユナイテッドは本当にダメだ
タイに行くのに整備不良で250$ディスカウントチケットもらい、それを使ったらまたディスカウントチケットをもらってしまった 確実にユナイテッドの策略にはまっている

結局、成田に着いたのが昼 それから一度自宅に戻り、病院と美容院に行き、なんやかやと美容院で相談の結果エクステをしている他店を紹介してもらい、結局えらいロングヘアになったは良いが和栗さんのリハーサルに間に合わず ラスト20分だけ間に合い、少し打ち合わせ その後に今東京に来ている母と会い、日付が変わり、今日は出発の日
今からパッキングですよ まだスーツケースにはものが一杯だけどね ある意味楽かもしれない
本当は今日アプリケーション一つ送りたかったが無理かな はあ

しかも生理だし
時差ぼけなんだか、疲れ過ぎなのか、身体の輪郭がとろけているようだ
24時間起きてるしね

まあそんなこんなで弱音を吐きつつ、明日は熱帯の国よっ
あ 今日か
posted by 石本華江 at 00:23| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

という訳でアメリカ

今から出発します
なんやかや忘れているような気がするのはいつものことで、パスポートとチケットあるからもうあとは大丈夫だよ 自分を落ち着け成田へ

一週間はNYでニコルとシャンドアとリハーサル あと一週間は普通に里帰りです アメリカは何回めかもう忘れたが、まあ公演じゃないし、適度に遊びます ただ帰国して中一日でインドネシアに出発だから、振り練をしておかないと、それだけが心配

今回はauのスマートフォンが間に合いませんでしたので、普通の携帯とアメリカのプリペイド携帯を持ってます メールなど使えますが、パソコンの方が嬉しい 向こうでアプリケーション書かないといけないので、結構パソコンの前に居ます だからスカイプも可

という訳で行ってきまーす
posted by 石本華江 at 14:01| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

京都からアメリカへ

一昨日京都から帰ってきた
京都には一週間ステイしたが、実に充実した時間だった 京都の暑い夏フェスティバル、スカラシップの推薦を受けて初めて存在を知ったが、フェスティバルも実に素晴らしく、つまり講師も素敵だし、ダンサーのレベルも高く、ボディサロンで良い針の先生にも出会えた またオーディションで、外国人講師の作品に出られる機会が与えられるのは、ある意味、一地方都市というカテゴリーで考えるとあり得ないことだが、たくさんのダンサーがそうした機会で世界トップクラスのアーティストの作品に出ているのはなんと恵まれた環境かと感嘆した

また合間に京都在住のシビウでできた友人に会ったり、銀閣寺周辺のお寺さんに行ったり、パパタラの時には忙しくて行けなかった目をつけてたガケ書房にも行ったし、西武講堂や百万遍やウルトラファクトリーも行ったし、また新色のツナギも買ったし、二軒もラーメン屋に行ったし、自転車のおかげで有意義な時間を送れた そもそも松山から離れてぶりくらいに自転車に乗ったが、そのこと自体がまず楽しかった 鴨川沿いを自転車に走ってリハーサルに向かう、それだけで楽しみだったものね

あと愛大ダンス部の後輩たちに偶然会えたり、高校生の時から知り合いのゆうきくんと実に10年越えで一緒に踊って、個人的にも感銘を受けた


3日に新幹線で東京に戻り、でもあんなに東京に戻ることが現実味がなかったのに新横浜から突然京都が夢のように感じ始めた そしてリアントが明日インドネシアに戻るので、突然またリハーサルの日々 リアントは明日からインドネシア側のダンサーたちに振り付け、6月に私たちが行ったら一週間で公演!いやはや、こちらが現実です 嫌がおうにも我に帰るわ

ただ京都でできたお土産はエマニュエルのクラスでオーディションに受かり、一ヶ月フランスに行くことになったこと 今年はスケジュール的に誠に厳しいので来年になるかと思うが、まあ名誉なことですね

偶然だが二年前にバンコクで会った韓国のカンパニーのレジデンスにリアントが参加していて、今年のコールに強く勧めてくれたが、熟考したがどうしてもスケジュールが厳しい ある意味嬉しい悲鳴だが、12月の和栗公演のおかげで断らざるを得なかったものがこれで三つ目 パパタラの新作も出たかったが、また今年フランスも行きたかったが、先に決めてしまったものは仕方ない 和栗さんの久しぶりの本公演だしね 断った分良いもの作りたいと本気で思う

明日はアネットのワーク、10月はSwan Lakeだって まだ出演が決まった訳じゃないけど、また新しい現場が始まった

今年もなかなか忙しい一年になりそうだわ てか忙しいんだけどね 笑
posted by 石本華江 at 00:38| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

京都へ!

再び京都へ
1月にパパタラのツアーで行き、まさかこんなに早く京都に戻るとは思わなかったがワークショップフェスティバルのスカラシップ生に推薦して下さるとのことで、そういう機会でもないとなかなか、というか良い機会かなと思い、行くことに決めた

一人旅ですね ある意味 でも京都はなんか縁があり、これで二回目なのだ
まあ 貧乏旅だから、拝観料とか要らないところだけ観光しようかな 笑

案の定パッキングで睡眠不足ながら、高級駅弁で気持ちを盛り上げ、いざ京都へっ

3日の夜には東京です 楽しんできます〜
posted by 石本華江 at 09:32| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

妄人ちんどん

これからちんどんやってきますっ
五時半からパレード開始、歌い踊り騒いできます〜
妄ちんどん発祥の地、登戸東通り商店街です もう今回で三回目、ありがとうございます!

石本またまた晴れ女絶好調!楽しんできまーす
posted by 石本華江 at 14:30| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

身体ケア

パパタラのみんながトルコに旅立った日に、足裏のデキモノと親知らずを抜くことを決めました 以前からずっとどうしようかなと思っていたが、何となくほっといてしまった デキモノは液体窒素でじゅっとやって、親知らずは今日抜いたが、抜けましたよ、と言われるまで気づかない位ぽろりといってた
衝撃的

最近もっぱら痛みとか血とかに平気になったと感じるが、それにしても今まであったところにもうないのが、不思議でたまらない 昔盲腸の手術した時も自分の身体から臓器が一つ消えたことに不思議な気持ちがしたが、また同じような気がする
自分の身体にさっきまで生えてた歯をしげしげと眺めて、何ともいえない気持ちになった
あとは懸念の足首をもう少し何とかしようと思ってます 靭帯損傷して以来ずっと腫れがひかないからね

今年は婦人科の検診や大腸がん検診したり、やたら身体ケアしてます まあ良いことだとは思います
マンモは反対に乳ガンを促進させると聞いてびびってますが 私6500円も払ってマンモやったのに!
お金払って乳ガンになったら誠に意味がないよね


まあ そんなことで、 リアントのリハーサルが続く とりあえずあと一つのシーンを残すだけになった その内半分はもうできてるから、あとは半分だけ それを持ってリアントはインドネシアへ行きインドネシアのダンサーに振り付け、こちらではもらった振りの練習 私は12日からアメリカなので、自主練 ニューヨークではリハーサルがあるから、まだその前後にやれるかなと思うがボストンではどうしたものか せめて筋肉落とさないために走ったり、ボストンバレエのクラス受けたりはしようと思うが、何せ練習する場所がないからなあ
振り忘れないかなあ

うむむ

まあなにはともあれ、今週末は妄人ちんどん、来週には京都よっ
頑張ろう〜
posted by 石本華江 at 13:39| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

再び与野本町

やはりGAGAがなんたるか掴めないが、もう一度だけ受けてみることにした もしかしたら、あまり私の身体に合わないのかもしれない ムーブメントクラスとして考えれば充分楽しいが、ウォーミングアップとしてはかつげんの方が確実に身体が目覚める
私はバレエベースではないことが災いしてるのかなあ

でももう一回だけ、


ご縁あってジャワ舞踊を始めようと思った ご縁あってというか、今参加してる作品の演出家が持ってるジャワ古典舞踊の教室なのだが、あんなにゆっくりで簡単そうなのに、あり得ない位忙しい踊りだった あっちもこっちも気を配らないといけない オリッシィもそうだったが、身体に関する繊細な管理が必要だ 感情や勢いで踊りがちな私には誠に必要だと感じた

私も他の人たち同様に思考や嗜好が変わってきたようだ 更に昨年デュエット作ったオランダのブライアンに背中を押されて、確実にディレクションが変わってきている そうだよ、これからはアジアの時代なのよ にやり
という訳でまた踊ってきまーす
posted by 石本華江 at 12:28| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

与野本町へ

バットシェバのオハッドナハリンが来てるのでワークショップ受けに行く まだGAGAがなんたるかつかめないが、同窓会みたいにたくさんのダンサー友達に会い、新たな友達ができたり、50人近くのダンサーで踊るのはなかなか楽しいなあ、と何だか素直にに喜ぶ

なんか身の回りや自分も含めて、とても静かに、けれどとてもラディカルに変化が起こっていて、今この瞬間に自分がこうして踊っていることは決して当然の自体ではないと今更のように感じる 今まで何故、いつまでも変わらず踊れて、私の周りにいたりあるものはいつまでも側にあると、無心に信じていられたのか、それが若さというのかもしれないが、それにしても、今までも無駄にしていたつもりはないが、更に今の時間を大切にしたいと思うようになった
変なことに捕らわれて嫉妬したり、悔やんだり、傷ついたりしてる時間はないんだよ 20代前半の頃のようにね
最近随分と考え方が変わったようで生きるのがとても楽になったが、楽だからとぼんやりしてる訳にもいかないんだよ まきちゃんともこないだ話してたことだが、何か自分に諦めがついたのだと思う だからこそ、次にどう、ではなくて、今が大切なんだと思うようになった

パパタラのツアーは結局アメリカもメキシコもキャンセルになり、今年はパパタラとの仕事はなくなった 今日メールをもらったが、ベルリンのイベントもファンドがつかず、来年に延期 来年の9月のためにさっきレターを出したが、今度はどこかファンドつくといいなあ

という訳で案外暇になったというか、現実的になったというか

キャンセルは悲しいと言えば悲しいけど、案外それほどの感情もなく受け入れている自分がいる そういうことに慣れすぎてるのかめね 良いことか分からないけど

今が大切なんだと散々書いたが、スケジュールは来年末まで動いている。そしてとにかく、今月末の京都、インドネシア、マレーシアツアーがまずは目先ですね
頑張りましょうね

あっ 与野本町です
踊ってきまーす
posted by 石本華江 at 16:15| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

次回妄人ライブ

皆さまこんにちは
もうすぐ桜ですね!

妄人文明もちんどんの仕事が増えてきました。3月13日武蔵小杉駅開通イベント、4月4日新丸子桜まつり、4月24日登戸東通り商店街、街中でパレードしますのでお近くの方はどうぞ〜

あと今週金曜日にお馴染みヘブンズドアにてライブがあります
今回のゲストは2002年のレニバッソからなんと八年の付き合いの田畑真希ちゃんです。ダンスコレクションRでダブル受賞して以来タバマ企画というカンパニーを作ったり活躍めざましいダンサーです。実に素敵なことになってます。
ぜひご覧下さい〜

■妄人文明「柱」
 ・2010.3.26(金)
 ・料金 ‥ 前売¥1,800 / 当日¥2,100
 ・時間 ‥ OPEN 18:30 / START 19:00
 ・場所 ‥ 三軒茶屋heavens
door→http://www.geocities.jp/xxxheavensdoorxxx
::::::::::::::::::::
4月は京都、5月はアメリカ、6月はインドネシア、マレーシアツアーとまたしばらく東京の予定がないので、ぜひこの機会にいらして頂けると嬉しいです
ではまたお会いできるの楽しみにしています!
posted by 石本華江 at 12:40| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

いけいけバンバン

最近教わった言葉

バブル期の生き方を表現する言葉らしい
負け犬勝ち犬的な言葉かと思いますが、何か琴線に触れる響きですね

石本、今年もいけいけバンバンです ツイッターやらfacebookやら節操なくつぶやいていたら、どれに何を書いたか全く覚えていないが、まあとにかく、1月パパタラ京都ツアーから帰って、妄人の鳥取ツアーに行き、マレーシアに行ってちんどん終えたらもう3月半ばです その間にアランさんとの楽しいセッションもあったか

10月のパパタラメキシコツアーがキャンセルになったものの、5月にアメリカ、六月にインドネシア&マレーシアツアーは決定 4月に京都の話もほぼ決定か 8月のベルリンとタイの話は現在進行形、決まるといいなあ 10月は東京で一本公演が入るかもしれず、12月の和栗さんの公演は既にリハが始まった

いやあ、いけいけバンバンですね

アプリケーションを今週中に二つ書き終わろうと決意したが、大掃除をしてしまった 受験勉強のために、レポートのために、まず掃除に逃避してしまう癖は相変わらずです


私の左手に座っていた目の不自由な人たち三人 今の駅で降りていったが、三人で電車ごっこみたいに縦に並んで降りていった 可愛い 今日も微笑み仕事中にエレベーターから降りてきたお留め袖の婦人たち四人 降りてきて何故か右から背の順に一列に並んだ

生活の中にダンスは溢れています

あっそういえば、26日に妄人ライブが久しぶりにあります 頑張るぞー
posted by 石本華江 at 22:58| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

PAPPAS Culture

Hello! How are you?
I'd like to tell you my next gig which is the collaboration with an accordion player. He composed excellent gipsy music for the last Pappa Tarafumara's performance. I love those music, so now I'm excited to dance with his music:) I believe that this little session will be a good step for further.

2 weeks ago, I came back from Kyoto for Pappa's show, and wangnin bunmei have a performance in Tottori in this week. These enthusiasm may appear in mydance, hehe.
Please enjoy the time with coffee, gipsy music and dance- ::::::::::::::::::::
PAPPAS CULTURE
@ROKUJIGEN (Ogikubo, Tokyo )
2010.Feb.23(tue)(entrance free )

20:00- Rie Kikuchi/ performance (Pappa Tarafumara)
21:00- Kae Ishimoto +Alan Patton / dance and music

■performance charge ¥500 (include the gift from PAPPA TARAHUMARA)

【Pappa's weekly event】
2010.2.13ー2.23
Weekday18:00-23:00 Weekend 13:00-23:00Wednesday holiday

Info
Rokujigen
(TEL) 03-3393-3539
(EMAIL)rokujigen_ogikubo@yahoo.co.jp
posted by 石本華江 at 03:18| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

カフェイベントPAPPASカルチャー

皆さま

今年ももう一ヶ月経ちますが、お元気ですか?私はパパタラの京都ツアーから帰り、まもなく妄人で鳥取ツアーへ出発です。そして東京へ帰ってきた次の日に一つ踊る機会を頂きました。今回はジプシーバンドで活躍されてる、アコーディオンのアランさんと小さなセッションをしてみます。コーヒーとダンスとジプシー音楽、ゆっくりお楽しみ下さい。
お会いできるの楽しみにしています〜
::::::::::::::::::::
PAPPAS CULTURE パパスカルチャー
@ROKUJIGEN 6 次元 (東京・荻窪)
2010.2.13(土)-2.23(火)(入場無料)

1982 年の設立以来、ダンス・演劇・美術の境界を越境し常に新しい表現を作り続けているパフォーミングアーツカンパニー パパ・タラフマラが東京・荻窪のカフェ「六次元」とコラボレーション。ライブパフォーマンス、一人芝居、映像上映、展示などで彩られたパパ・タラフマラ的小宇宙のビッグバン。
どうぞお気軽に六次元の扉を開けて美味しいコーヒーとアタマと心の刺激をお楽しみください。

石本は最終日のみの出演です
2.23(火)
20:00- 菊地理恵/ パフォーマンス
21:00- 石本華江+Alan Patton / ダンス

■各回 観劇チャージ ¥500 PAPPA TARAHUMARA オリジナルグッズ付
■期間中、小池博史による書き下ろしエッセイの配布、映像上映、関連グッズの展示・物販も行います。

【開催期間】
2010.2.13ー2.23
平日18:00-23:00 土・日 13:00-23:00  定休日 (水)

〒167-0043 東京都杉並区上荻1-10-3-2F (TEL) 03-3393-3539
(EMAIL)rokujigen_ogikubo@yahoo.co.jp
posted by 石本華江 at 16:30| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

帰ってきました

京都から戻ってきました 松山から戻った次の日からリハが始まり、横浜へ連日通い、でも再演だからリハは楽だけど、と同時に前は3ヶ月かけて筋肉を育てたのに二週間でそこまで持って行かねばならず、ひたすら無意味にジャンプしたりして、やはりパッキングでふらふらになりつつ京都に入り、でも今回は前回より少し時間があったので、念願のパン屋に二軒とも行き新色つなぎも買い、三条河原町へ行きお好み焼き食べたりできて、比較的疲れもないまま本番を迎え、でも絶好調過ぎて、全員テンション高すぎだと秀さんに言われたけど、嘘みたいに身体が軽かった まあ実際少々テクニカルの問題があったようだが、お客さんが楽しんでいたならそれで良いのだ

次の再演はメキシコです 助成金おりますように!

と書いてから既に一週間ちょっと 速すぎて受け入れられない 誰かが確実に私の時間を盗んでいるとしか思えない 京都での最終日は朝無理矢理起きて、詩仙堂と下鴨神社へ行き大満足 その足で和栗リハに行き、その日までは良かったのだが、2月に入って妄人の鳥取ツアーのリハに入った途端、半年以上ちまちまと作ってきたにも関わらず、再演にも関わらず、全く通しには至らない出来上がりっぷり なんか今までのツケが来た感じ そして相変わらず兄さんとケンカばかりして、クリエイションてこんなに悲しいものだったかしら、と思いつつ、多分兄さんとは余りに対等すぎるのよ、だって他の演出とはケンカなんて絶対あり得ないもの、だからお互いに言い過ぎてお互いに悲しくなるのだと思いつつ、とにかく毎日リハです

東京では帰ってきた途端に雪が降って、雪を見たことがないバリ人たちはその前日に帰国してしまったので見せてあげたかったな と思ってたら今日は上着を思わず脱いでしまう位暖かかった 春が来てます

実は去年アメリカから帰ってパパタラのクリエイション始まって以来ほとんど半年働いてなかったから、誠にお金がなく、旦那に頼りっきり 挙げ句にダンスが余りにお金にならないと嘆く私を励ましてもらったりなんかして、本当に頭が上がらない


そんなこんなで、相変わらず変わらないとも確実に変わったとも言える日常が続いています
とにかく一面の雪国に行く日が刻一刻と近づいています あわあわ
頑張ります
posted by 石本華江 at 22:18| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カフェイベントPAPPASカルチャー携帯ツール

まもなく妄人は鳥取へ出発ですが帰ってきた次の日に一つ踊る機会を頂きました
破格の安さでいろいろなパフォーマンスをご覧頂けるので良かったらいらして下さいね。私と同日はパパタラのママダンサーです。まだ共演したことがないのですが、対バンならぬ対ダンス?楽しみです〜
::::::::::::::::::::
PAPPAS CULTURE パパスカルチャー
@ROKUJIGEN 6 次元 (東京・荻窪)
2010.2.13(土)-2.23(火)(入場無料)

1982 年の設立以来、ダンス・演劇・美術の境界を越境し常に新しい表現を作り続けているパフォーミングアーツカンパニー パパ・タラフマラが東京・荻窪のカフェ「六次元」とコラボレーション。ライブパフォーマンス、一人芝居、映像上映、展示などで彩られたパパ・タラフマラ的小宇宙のビッグバン。
どうぞお気軽に六次元の扉を開けて美味しいコーヒーとアタマと心の刺激をお楽しみください。


<イベントスケジュール>
2.13( 土)
15:00- 南波冴/ パフォーマンス
20:00- 横手祐樹/ 一人芝居
21:30- 南波冴/ パフォーマンス

2.14( 日)
15:00- 池野拓哉 / 徒然ダンス
20:00- 池野拓哉 / 徒然ダンス
21:00- 橋本礼  / パフォーマンス

2.15( 月)
20:00-  横手亜梨沙 / ボイスパフォーマンス

2.16( 火)
20:00- 横手祐樹/ 一人芝居

2.18( 木)
20:00-  橋本礼&南波冴/ パフォーマンス

2.19( 金)
19:30- 関口満紀枝/ アモーレ山田の一人遊戯

2.20( 土)
17:00- 上本志保・馬場良枝 / パフォーマンス+秘技
20:00- 松島誠/ パフォーマンス 
20:30- 小池博史(パパ・タラフマラ代表)&中村邦夫(六次元オーナー)  対談
2.21(日)
20:00- 小谷野哲郎/ ウロツテ影絵

2.22(月)
18:00- 関井博之 斉藤順子 高橋弘子 井上沙耶 / 芝居& パフォーマンス
2.23(火)
20:00- 菊地理恵/ パフォーマンス
21:00- 石本華江/ ダンス

■各回 観劇チャージ ¥500 PAPPA TARAHUMARA オリジナルグッズ付
■期間中、小池博史による書き下ろしエッセイの配布、映像上映、関連グッズの展示・物販も行います。

【開催期間】
2010.2.13ー2.23
平日18:00-23:00 土・日 13:00-23:00  定休日 (水)

〒167-0043 東京都杉並区上荻1-10-3-2F (TEL) 03-3393-3539
(EMAIL)rokujigen_ogikubo@yahoo.co.jp

主催・企画:パパ・タラフマラ 六次元 
お問合せ先:パパ・タラフマラ(TEL)03-3385-2919 (EMAIL)
yamada@pappa-tara.com
posted by 石本華江 at 18:27| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

相変わらず

自分が何を考えているのか分からない時がある 横浜の日ノ出町からパパタラのリハ終わりダッシュで妄人のリハへ 急いで出たのに、新木場に向かうはずが、森下に向かっていた それでなくても通しが終わり19時40分、着替えて電車乗り8時 移動に一時間かかるから9時過ぎるのにリハは22時まで かなりタイトなスケジュールなのに、森下に来たらめちゃくちゃ遠回りして着いたらリハが終わりだよ!涙

でも一応向かってる
悔しいからね

変なところで意地をはるのはどうしても直せない

ガリバーの再演でまたまたパパタラのリハ 今度はかなりな量踊るので、体力勝負 誠に身体が重いのは怠けた証拠だわ
子猫のはずが、顔と気持ちだけじゃね

とはいえ再演だから来週には京都!速い!

それが終われば、妄人の鳥取ツアーよ 寒いとこばっかし!
posted by 石本華江 at 21:14| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まもなく京都です

次回公演のお知らせです。東京を拠点にしているため、関西地域での公演は数年に一度。ぜひご覧頂けると幸いです。出演者割引がありますのでお気軽にお声かけて下さい。
ヤノベさんの作品と猫がいっぱいの楽しい作品です。京都でお会いできるの楽しみにしています\x8F稔

********************
パパ・タラフマラ公演
「ガリバー&スウィフト-作家ジョナサン・スウィフトの猫・料理法-」京都凱旋公演決定!


2008年9月、京都芸術劇場春秋座にてワークインプログレス公演を実施し好評を博した、あの”豪華コラボレーション公演”が、パワーアップして京都に再登場!(初演:2008年10月東京グローブ座)

世界中で絶賛される高い芸術性を持ちながら、ユーモアと爆発的エネルギーに溢れた幻想世界が魅力のパパ・タラフマラ。本作でステージアートを手掛けるのは、京都造形芸術大学デザイン学科教授、ウルトラファクトリー・ディレクター ヤノベケンジ。子どもも大人も魅せられた感動と笑いの90分。
演劇も美術も突破するパパタラワールドへようこそ!今冬必見の一本です。

18世紀、イギリス、アイルランドを生きた稀代の偏屈者“作家スウィフト”の逆説的ユーモア精神が、時代を超えて蘇る。司祭であり、作家でもあったスウィフト自身の生涯は、まるでガリバーの旅行記そのものであった・・・。


【日時】 2010年1月30日(土)14:00(開演) 13:30(開場)
終演後、ヤノベケンジ(現代美術家)×小池博史(パパ・タラフマラ芸術監督)のポスト・パフォーマンストークあり

【会場】 京都芸術劇場 春秋座(京都造形芸術大学内)
〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116 
URL: http://www.k-pac.org


作・演出・振付:小池博史
舞台美術・オブジェ:ヤノベケンジ オブジェ:田中真聡
音楽:松本淳一 デワ・ライ
演奏:デワ・ライ(ガムラン)
出演:白井さち子 あらた真生 池野拓哉 橋本礼 南波冴 横手祐樹 横手亜梨沙 松島誠 小谷野哲郎 赤松直美 石本華江 石川正義 高橋倫平 林七重 リアント クトゥット・リナ 

主催:京都芸術劇場 パパ・タラフマラ 文化庁
助成:平成21年度文化庁「舞台芸術の魅力発見事業」
後援:KBS京都 京都新聞
協力:ウルトラファクトリー INTERNATIONAL ACADEMY (有)ぐれこはうす 荒木亜矢子 辻野乃子 
企画・制作:SAI Inc.


【チケット取り扱い(全席指定)】
WEB先行発売開始:2009年10月26日(月)10:00〜 / 一般発売
開始:2009年10月27日(火)10:00〜

一般     5,000円 
シニア    4,500円
学生&ユース 4,000円 
学生&ユース特別割引券 2,000円(座席範囲指定あり) 
※ユースは25歳以下、シニアは60歳以上。予約時、要証明書提示


【チケット取り扱い】
□京都芸術劇場チケットセンター TEL:075-791-8240(平日10:00〜17:00)
□劇場オンラインチケットストア ※要会員登録(無料)
パソコンから http://www.k-pac.org/theatre/ 
携帯から http://www.k-pac.org/theatre/m/m 
□電子チケットぴあ TEL0570-02-9999 Pコード:398-407
□KBS京都プレイガイド TEL 075-431-8300(10:00〜17:00※月・祝除く)
□京都新聞文化センター(京都新聞社1F窓口)TEL075-256-0007(10:00〜17:00※土・日.祝除く)
□京都・滋賀各大学生協プレイガイド
※学生&ユース席は京都芸術劇場チケットセンター及び、京都滋賀各大学生協プレイガイドのみ取扱い

【お問い合わせ】 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター
 TEL075-791-8199


【ディレクターズノート】
稀代の偏屈者でマットウ至極なジョナサン・スウィフトを堪能して欲しいと思うのである。堪能の仕方はいろいろとある。妙ちくりんな人の動きを見る。ガムランと現代的音楽を聴く。動くヤノベケンジ美術を堪能する。クキキと笑う。手で目を覆いつつ、隙間から覗き見る。どれも正しい。主人公と同じ年齢を生きている飼い猫、バケ猫の視点で、スウィフトを見る、という構成が取られているから、人間界のことがつぶさに観察できるに違いない。この逆説世界を、コッソリと、そしてゲラゲラと。
小池博史(パパ・タラフマラ芸術監督)

【チラシコメントより】
舞台美術はヤノベケンジのセルフカヴァー集ともいえる豪華フルコース。〜中略〜とびきり猥雑で悪魔的でエレガントな生絲の罠で絡めとって煮込むと、そこには見事にパパ・タラ特有の異形の世界があった。
住吉智恵(『ART iT』記事より)

ああ、おもしろかった。凄かった・・・。観終えた途端に思わずこんな言葉が口をついて出た。
「ガリバー&スウィフト」はそこに”錬金術”という言葉をつけ、”料理法”の前に”魔術的"という言葉を加えたくなるような、最上級のものだった。これぞ必見のアート・エンターテイメント!
立川直樹(アートディレクター / プロデューサー)


【パパ・タラフマラ プロフィール】
パパ・タラフマラは1982年、代表・小池博史を中心に結成されました。数ある日本のパフォーミングアーツシーンのなかにあって、類似対象を持たないユニークなグループであるパパ・タラフマラは、「ダンス」「演劇」「美術」「音楽」等の様々なジャンルを巻き込みながら、舞台空間全体を一つのアートに築き上げる手法で、世界中の多くの観客を魅了してきました。ベネチア・ビエンナーレ、ベルリン芸術祭などの海外主要フェスティバル等、 世界30カ国で上演され、国際的に高い評価を確立しています。07年11〜12月、世界最高峰の劇場、ニューヨーク ブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージック オペラシアター公演を実現。
主な受賞歴は、Paris Grand Prix International Video Dance 優秀賞受賞2回、マンチェスターイブニングニュース優秀賞、国際ハイビジョンフェスティバルミュージック&ダンス部門グランプリ(ジュネーブ)、日本テレビ局長 賞、他多数。知性だけでは推し量れないパパタラフマラワールドに、才能豊かなアーティスト達が結集し、オリジナリティ溢れる作品が、毎年誕生しています。世界を縦横に駆け巡るパパ・タラフマラの活動にご期待下さい。
posted by 石本華江 at 09:08| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

新年さっそく



善財家リハが終わり、善財母に送ってもらい京王線に乗った 普段乗らない京王線に浮かれたのか、または六本木で旦那とデートすることに浮かれたのか、アバター見る予定がThis is it見ることになりマイケルに浮かれたのか、よく確かめて乗ったはずなのに、八丁堀から逆に乗ってしまった しかも八丁堀から乗るなんて珍しいからか、人形町、秋葉原、上野、と見送り、南千住まで来てはじめておかしいと気付いた 余りに自信満々だったから北千住の先に六本木があると一瞬思い込もうとしている自分もいた
結局南千住で降りて間違いに気づき、また30分かけて六本木に戻ることに 涙 多分映画に間に合わない 涙 何のために六本木に向かうのか 涙

ああ 厄年てこういうことなのかしら 何やってもうまくいかないついてない日ってあるけど、一年中そうなのかしら 来年は本厄だから更に怖いよ 涙

そんな訳で一年始まりました 今年もよろしくお願いします できるだけ慎重に生きていきます
posted by 石本華江 at 18:57| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

そしてまた相変わらず

兄さんと作品ケンカしてだらだらと長くなり、22時過ぎてからおばあちゃん家に向かう 悲しいことにおばあちゃん家に着く頃にはあけましておめでとう になってるよ


千葉から東京通り越して埼玉に向かうわけだからね

でも善財父のたかしくんが、私のためにスーザンボイル録画してくれてたので、紅白の気分だけは味わって、私の今年の紅白メインイベントは見逃さずに済んだ 録画てすごいなあ

善財家は相変わらず、人の出入りの多い居心地の良い家でした

毎年、年末年始にお世話になってます


いや それにしても移動二時間て長いよ 本でも借りれば良かった ちぇっ
posted by 石本華江 at 22:34| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。