2012年08月02日

妄人文明 Wangnin Bunmei presents 「レソナンシア〜共振的〜」 ”resonancia”

妄人文明 Wangnin Bunmei presents
「レソナンシア〜共振的〜」 ”resonancia”

2012年8月21日(火)
21st August, 2012 (tue)

19:00 open 19:30 start
Ticket: adv \2,500 door \3,000
Place: 遊空間がざびぃ(西荻窪)Yu-Ku-Kan Gazavie (Nishi Ogikubo)
東京都杉並区西荻北5-9-12 そらの上
03-3395-0133
http://www.gazavie.com/


Performers


ゴンサロ・カタリナス(Gonzalo Catalinas)
スペイン(Spain)
「死衣−暗闇を抜けた後にみえてくるもの」
Shroud-Beyond darkness the veil fades away

南阿豆(Azu Minami)
日本(Japan)
「Earthbound」
美術:出町光識 Art work:Mitsunori Demachi

妄人紳士 (Wangnin Gentleman) 譱戝大輔×善戝和也 Daisuke Zenzai& Kazuya Zenzai
日本(Japan)
「ひとつづつ」One by One


照明:宇野敦子 Lighting:Atuko Uno

Info:
wangnin.bunmei@gmail.com
Supported by 妄人文明 Wangnin Bunmei
http://wangnin.com/

Profile

ゴンサロ・カタリナス(Gonzalo Catalinas)
スペイン(Spain)
「死衣−暗闇を抜けた後にみえてくるもの」
Shroud-Beyond darkness the veil fades away

環境への自覚、内的な思索、そして無意識的な精神を調和させること。ムーブメントの中で繊細さを持ってリサーチ。この10年舞踏を中心に学び「DiesIrae」、「La
Espiraldel Silencio」また「Minako Seki Company」にて活動。「Kohaku」また「Plan B
company」にて自身の作品を発表、さらにスペインにて「Experimenta
Butoh」、「バルセロナ舞踏フェス」との協同作業を行っている。

"harmonizing unconcious mind, internal listening & environmental awareness"
Gonzalo Catalinas researches within movement this subtle approach.
Butoh dance has been his main artistic practice for 10 years, working
with Dies Irae, La Espiral del Silencio and Minako Seki Company. He's
currently doing his own pieces, and performs in Kohaku and Plan B
companies. He also collaborates with the Experimenta Butoh and
Barcelona en Butoh Festivals in Spain.

南阿豆(Azu Minami)
日本(Japan)
「Earthbound」
美術:出町光識 Art work:Mitsunori Demachi

茨城県生まれ。幼少より絵を描く。2005年より舞踏に出会い、踊り始める。日本の伝統や庶民の踊りを現代へモチーフにして作品を発表。2008年、コンテンポラリー田楽祭主宰。2009年新潟市土と水の芸術祭にてチーム空土として泥花プロジェクトを発表。出町光識氏は、ディレクション、南阿豆は農事歴パフォーマンス担当として地元農家と協働作品を作る。

Azu was born in Ibaraki, Japan. She started to paint in childhood
and began studying Butoh dance from 2005. She has created pieces
inspired by Japanese tradition and dance. She has been the organizer of the
"Contemporary Dengaku Dance Festival" since 2008. Azu performed the
work "Earth Flower Diary" as Team Carat in the Water and Land-Nigata Art
Festival in 2009. For the project, with Director Mitunori Demachi, she
collaborated with farmers.

妄人紳士 (Wangnin Gentleman) 譱戝大輔×善戝和也 Daisuke Zenzai & Kazuya Zenzai
日本(Japan)
「ひとつづつ」One by One

人間の暗部を独自のシニカルさとユーモアで切り取る舞踏家「譱戝大輔」と、大地の記憶を歌う超次元ヴォーカリスト「善戝和也」による実の兄弟ユニット。
「妄人文明」の中でも極めて異彩を放つ二人が、音楽にも踊りにも寄らない輪廻の世界を描く。

This is a unit made up of actual brothers. Daisuke is a butoh dancer
who uses sardonic wit to portray the dark side of human nature. Kazuya
is a multi-dimensional vocalist who sings his memory of the earth.
These 2 outstanding performers from the troupe Wangnin Bunmei describe
the world of reincarnation using music and dance that cannot be
classified in any genre.
posted by 石本華江 at 01:19| from KAE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。